スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)性欲豚がオトナのお店に入り浸るようです 第2話 

39 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 22:22:10 ID:RkuD/2ewO
~ブーン自宅~


  ( ^ω^)
_(_つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/カタカタカタ……

  ( ^ω^)
_(_つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/ポチ

  ( ^ω^)
_(_つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/

  ( ^ω^)「……」
_(_つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/


  ( ^ω^)「……うん」
_(_つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/___/





( ^ω^)「皮オナをフツーのオナニーだと思ってた……」

40 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 22:23:47 ID:RkuD/2ewO

( ^ω^)性欲豚がオトナのお店に入り浸るようです

その二「性欲豚、夜這い専門店に行く」

41 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 22:31:34 ID:RkuD/2ewO
~大学食堂~

( ・∀・)「そう言えばビップラに良い店を見つけたんだけど」

(´・ω・`)「へぇ。どんな風俗?」

( ・∀・)「バカ、風俗ちゃうわい。ただの飲み屋だよ」

( ^ω^)「お前が店って言うと如何わしい匂いしかしねーお」

( ・∀・)「ぐぬぬ……」

(´・ω・`)「ビップラか。確かに近いけど、そう言えばあんまり行かないよね」

( ^ω^)「僕らが遊ぶと言えばシベリアかニューソクに行くもんね。」

( ・∀・)「ふふ、お前らビップラをナメるなよ」


42 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 22:37:50 ID:RkuD/2ewO

( ・∀・)「なんと飲み放題1300円だ」

(´・ω・`)「へ、それだけ?ならシベリアにも1000円飲み放題があるじゃん」

( ・∀・)「違う違う。当然それだけじゃないのさ」

( ・∀・)「なんと、無料でTKG食べ放題だ」

( ^ω^)「!!!」ピクッ

(´・ω・`)「ほぉ、すごいね……飲み屋の卵かけご飯がどんなもんかは知らないけd」

( ^ω^)「行こうお!!」

( ・∀・)「お前なら言うと思ったぜブーン!!さすがだ!!」

(´・ω・`)「……さすがブーンだね、ホント」

( ・∀・)「ショボンも行くだろ?」

(´・ω・`)「そりゃあ、こんなに君たちが乗り気なら行くしかないでしょ」

( ・∀・)「決まりィ!!」


43 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 22:44:15 ID:RkuD/2ewO

【移動中】


~今更な登場人物紹介~

( ^ω^) ブーン
・豚。顔面偏差値は髭のないカールおじさんレベル
・もちろん童貞でもちろん彼女いない

( ・∀・) モララー
・リア充。テンプレートな大学生
・彼女持ちだけど奔放に遊んでそのうちフラレるタイプ

(´・ω・`) ショボン
・ガチムチ体育会系。
・よく勘違いされるがホモではないらしい
・でも好物はホルモン


皆ビップ大学の2年生。
今日は隣街のビップラの繁華街に攻め込むぞ。

45 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:08:43 ID:8eiz5JTUO

~ビップラの居酒屋にて~

(;^ω^)「ハムッ!!ハフッ!!ハフハフ!!」

(´・ω・`)「うわぁ……」

(;・∀・)「何杯いった?こいつ……」

(´・ω・`)「いま6杯」

(;・∀・)「バカ飲みしながらこれとは……正気の沙汰じゃねえ……」

(;^ω^)「うまい!!うまいお!!やべぇお!!ご飯に卵かけただけなのに!!どうして!!ハフハフ!!」

( ・∀・)「すげぇなあ。とりあえずこっちはちびちび行きますか」

(´・ω・`)「だね」

( ^ω^)「……で」

( ^ω^)「この後どうするお?」

( ・∀・)「話すのはどんぶり置いてからにしろ、な?」


46 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:24:14 ID:8eiz5JTUO
( ・∀・)「とりあえずそこらは歩きながら決めようと思う」

( ^ω^)「ほう。でも例によって、あんま金ないお」

(´・ω・`)「僕も」

( ・∀・)「そんな金はたくような場所にはいかねーよ。とりあえずオールする勇気だけもっとけ」

( ^ω^)「お!」




~ビップラ、繁華街~


( *・∀・)「ふぃー」

( *^ω^)「食ったお……」

(´・ω・`)「12杯いったね。これにはさすがの僕もドン引きだよ」

( ^ω^)「TKGの魔力恐るべしだお……な、モララー?」

( ・∀・)「……」

( ^ω^)「? モララー!」

( ・∀・)「……あれとか、どうだろう」

(´・ω・`)「あれ?」


47 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 00:33:50 ID:8eiz5JTUO


『5F 夜這い専門:ヨバイルドットコム』←雑居ビルの看板

( ^ω^)「ヨバイル……」

( ・∀・)「ドットコム……」

( ・∀・)「……夜這い……」

( ^ω^)「夜這い……!」

(´・ω・`)「……金はたく場所には行かないんじゃなかったの……?」

( ・∀・)「……と、とりあえず話だけ……?」

( ^ω^)「30分5000円か……」

(´・ω・`)「ノリノリじゃねえか」


48 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 09:15:14 ID:8eiz5JTUO
~5F~

( ∵)「おっいらっしゃいませ」←店のおじさん。見たことある気がするのは気のせいだよ

( ・∀・)「……」

(´・ω・`)「……」

( ^ω^)「……」

( ∵)「おや、兄さんがた『この店は何する店なんだ』と聞き出そうな顔ですね」

( ・∀・)「まったくもってその通りです。何が出来るの?」

( ∵)「説明しますか」

( ・∀・)「頼む」
( ∵)「当店は責め有りのピンサロと言いますか、女の子を好きにできます」

( ∵)「だからまぁ、おっぱい好きにしたり、手めこだとかもやりたい放題してくれていいです」

(´・ω・`)「ほぅ」

( ∵)「さらにこの店の醍醐味としては手錠や首輪や目隠し、ローターやバイブなんかもあるからお好みでガツガツ女の子を攻めちゃってください」

( ・∀・)「なんだと!そいつぁいい!」

( ∵)「お兄さんアブノーマルお好きそうな顔してますもんね」

( ・∀・)「大好きだよ!」


49 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 09:22:18 ID:8eiz5JTUO
( ∵)「その攻めの時間が10分、そこから抜きの時間が20分ですね」

( ・∀・)「なるほど、これはいくしかないな」

( ^ω^)「お……」

(´・ω・`)「アブノーマルなのやってみたいよね」

( ^ω^)(ノリノリだこいつら……言えない……DTだからそんなプレイまだまだ恐れ多いとか言えない……)

( ・∀・)「よし、30分5000円だよな?それでいく!」

( ∵)「ありがとうございます!即諾してくれたからには、こちらも何かとサービスしますよw」

( ・∀・)「よっしゃそうこなくちゃ!」

( ∵)「では一人5000円、お願いしますね」

( ・∀・)つ「じゃあまぁ、一括で」

( ∵)「はい、確かに」

(´・ω・`)「ごちです」

( ・∀・)「ざけんな後で返せよ」

( ∵)「あ、あとみなさん爪の確認だけさせてもらっていいですか?」

( ・∀・)つつ「はいよ」

( ´・ω・)つつ「はい」

( ^ω^)つつ「お」

( ∵)「……はい、オッケーです。じゃあそのまま椅子に座ってお待ちくださいね!」

51 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 10:05:18 ID:8eiz5JTUO
( ∵)「はい、まず誰からいきますか?」

( ・∀・)「じゃあブーン。お前いけよ」

( ^ω^)「え、あ、僕!?」

( ・∀・)「もちろん。切り込め童貞」

( ^ω^)「おいこの野郎」

(´・ω・`)「wwwwww」

( ∵)「じゃあ兄さんから!ついてきてくださいねー」


(((( ^ω^)((((( ∵)




( ^ω^)「うお……」

中に入れば、また自分一人寝転べばそれでいっぱいになるようなスペースに案内された。
前回と違うのは、そこに手錠や目隠し、その他各種器具が用意されている事。

こんなものをDTたる僕が使いこなせるのか、との不安が大きいところだ。

( ∵)「ビールかお茶が無料でつきますけど、どちらにします?」

(;^ω^)「あ、じゃあお茶で」

( ∵)「はい。じゃあこのままお待ちくださいね~」

(;^ω^)「お……」


52 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 10:17:59 ID:8eiz5JTUO
というか、これのどこらへんが夜這いなんだろうか。
夜這いって確かこう、押しかけソフトレイプ的な。
そんなイメージがあるんだけど。
エロゲで見た事がある。

( ^ω^)「……」ごくごく

運ばれたお茶を飲みながら待つ事数分……

女の子はきた。

「こんばんわ~」

(;^ω^)「おっ」

川*` ゥ´)「どうも☆えへっ」

( ^ω^)


ふくよか……否。
ぽっちゃり……否々。
少し大きめの女の子だった。

( ^ω^)(oh……)


53 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 10:29:19 ID:8eiz5JTUO

( ^ω^)(やべぇ……この子、僕と体型かわらんやん……)

その子の服装はネグリジェ?キャミソール?
種別に疎いのでよくわからないが、とにかくエロい。
しかしその下から見える腹回りが、悲しい。

川*` ゥ´)「今日は飲み会か何かの帰り~?」

(;^ω^)「え、あ、うん。そうだお」

川*` ゥ´)「じゃあけっこう酔っちゃてる感じ?」

(;^ω^)「い、いや、そんな事は……ないけど」

川*` ゥ´)「うふふ、どうしたの?なんでそんな緊張してるのかな~?」

(;^ω^)「う」

そう言いながら、扇情的な目で服の上から股間をこすってきた。
ここらあたり、やはり股間は正直だ。

川*` ゥ´)「ふー……」

(;*^ω^)「うおっ!」

川*` ゥ´)「きゃはっ!可愛い♪」

(;^ω^)「あうあう……」

さらに耳に息をかけられ、思わず腰が浮く。
意外だ。この子、予想と違いかなり積極的なタイプだ。
正直、デブをなめていた。
まずい。うまく反応出来ない。

川*` ゥ´)「んふふ……」

その僕のコミュ障ぶりのせいか、その子は少し勘違いしたサービスに入ってきた。


54 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 10:33:54 ID:8eiz5JTUO


川*` ゥ´)「……あんた」


川*` ゥ´)「ドMでしょ?」



(;゚ω゚)「えっ?」

川*` ゥ´)「ふふ、わかるよ。アタシみたいなのにいいようにやられて、ちんこがこんなに反応してんじゃん……」

(;*^ω^)「うあ……それは……違……」

川*` ゥ´)「違わないでしょ!」

(;゚ω゚)「ふおっ!」

あろうことか女の子は膝で股間をぐりぐりしてきた。
しかしシチュエーションがシチュエーションだからか、不思議と痛くはなかった。

同時にそれがまた悲しい。DTの身にして、そんなアブノーマルな扉、開きたくはないというのに。


55 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 10:55:26 ID:8eiz5JTUO
川*` ゥ´)「ほら、服脱いで」

(;^ω^)「うあ……」

こうなってしまえば為すがまま。男子の尊厳なんのそのだ。

言われるままに服を脱ぐ。
それをニヤニヤと眺めるデブ。
こうして素直にしたがったのがいけなかったのか、デブはなんと

(;^ω^)「えっ」ガチャリ

川*` ゥ´)「んふふふふ」

川*` ゥ´)「手錠、かけちゃった☆」

(;^ω^)「えええ?あ、あのぉ……!?」

手錠をかけられた。

川*` ゥ´)「好きでしょ?こういうの」

(;^ω^)「あ、あの……でも」

川*` ゥ´)「口答えしないの」

(;^ω^)「あ、ああああ……」ガチャガチャ

(;^ω^)(はっ……話と違ううううううう!!!!)

57 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 12:32:34 ID:8eiz5JTUO
川*` ゥ´)「ふふふ、硬くしちゃってもう……♪」

(;*^ω^)「や、やめっ……」

川*` ゥ´)「なぁに?やめて欲しいのぉ~?」

そわそわとこちらをおちょくるかのように股間をソフトタッチしてくる。
それがとてももどかしく、同時に心の奥底の何かが刺激されていった。
……のだが、目の前にいるのがデブだと再確認したら怒りも込み上げてきた。

(;^ω^)(こいつの「これがいいんでしょ」的な表情が腹立つ……)

(;^ω^)(けど、なぜ反応するんだ我が愚息よ!)

川*` ゥ´)「じゃあどうしたいのか自分の口で言ってみなよ……♪」

(;^ω^)「うあ」

(;^ω^)「しゃぶって、ください……」

川*` ゥ´)「ど、こ、を~~~?」

(;^ω^)「うう……ち、ちんこ……」

川*` ゥ´)「聞こえなぁ~い」

(;^ω^)(UZEEEEEE!!)

(;^ω^)「ちんこ!早くちんこしゃぶってくれお!」

<プッwww

(^ω^;)「!!?」

隣の部屋から笑い声が聞こえた。


忘れていたのだが、このスペースは隣としきりにはなっているが、薄い壁一枚だ。
音楽はガンガンに鳴ってはいるが、当然ちょっとした声くらいは聞こえるわけだ。

つまり、この男の尊厳が無いちんこ発言が完全に漏れたのらしい。
死にたい。

( ;ω;)(……もうやだ……)

川*` ゥ´)「ふふふ。よく言えました」


58 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 12:41:58 ID:8eiz5JTUO
川*` ゥ´)「ホント必死だねぇ……もはや豚じゃんw性欲豚w」

( ;ω;)「あうあう……」

川*` ゥ´)「もう可哀想だから、外してあげるね」ガチャリ

( ^ω^)「お……」

やっとの事で手錠を外された。

そして、

川*` ゥ´)「寝転んで」

(;^ω^)「おっ……」

軽く放心中の僕を素直に寝転ばせた彼女は

川*` ゥ´)「よいしょ」

裸になって、逆向きに、上にのってきた。

(;゚ω゚)「!!!?」


僕が生の女性器を初めてみた体勢は、69だった。

川*` ゥ´)「ほら、好きにしていいんだよ」

(;゚ω゚)(うっ……)

(;゚ω゚)(うおおおおおおおおおお!!!)


59 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 12:58:48 ID:8eiz5JTUO




ぼくがはじめてたんのうしたおまんこは

     しょうどくえきのあじがしました。

                   ブーン


60 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 13:05:02 ID:8eiz5JTUO

~終了後、待合室~


( ^ω^)「……ふぅ」

( ^ω^)(なんとか今回はイケた……)

('A`)「……」

('A`)「あの」

( ^ω^)「はい?」

('A`)「どうでした?」

( ^ω^)「あ、はい」

( ^ω^)「なかなかよかったですよ」

('A`)「はぁ。なるほど。縛ったりしたんですか?」

( ^ω^)「縛られました」

('A`)

('A`)「素晴らしい」

( ^ω^)「ふふ……」

(´・ω・`)「ふぃー、ただいま」

( ^ω^)「お、ショボン」

(´・ω・`)「いやぁ、可愛い子が出てきてよかったよ。ぽっちゃりだったけど」

( ^ω^)「え? お前も?」

(´・ω・`)「うん。きつく縛ってあげたらかなり濡れちゃって、ほんと楽しかったよ」

( ^ω^)「うおお……」

(´・ω・`)「もうそれで満足したから抜かないで帰って来ちゃった」

( ^ω^)「うおおおおお……」


61 :名も無きAAのようです:2012/03/25(日) 13:09:50 ID:8eiz5JTUO
(´・ω・`)「で、ブーンは『ちんこしゃぶってくれお!』だもんなwww」

(;^ω^)「!? ま、まさか……笑ってたのショボンかお!?」

(´・ω・`)「wwwwww」

(;^ω^)「貴様ァ……!!」

(´・ω・`)「でもよかったじゃない。あんまりアブノーマルな女の子じゃなくてさ」

(;^ω^)「はぁ?どこがだお。充分アブノーマルすぎるお……」







( ・∀・)「ただいまー!いやぁ、楽しかったね!俺の女の子がかなりのド変態でさぁ!攻めながら『首絞めて』っていうから絞めながら攻めたら大洪水!落ちる寸前までやってみたら惚けてきたから軽く挿入してやったらよがり狂ってやんの!めちゃめちゃ楽しかったよ!」

(´・ω・`)「……ね?」

( ^ω^)「……うん……」

((((*'A`)(……ドSこい……ドSこい……)



おしまい。


←第1話へ
目次へ

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://the99mmikd.blog.fc2.com/tb.php/10-11fb6fe9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。