スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ;ω;)ζ(;ー;*ζ残念な事になったようです その1 

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:15:37.88 ID:PJzlPi/sO

女王、クー・ル・アザトース四世が統治するVIP国。
その国の城下町に、小さな薬屋を営む夫婦が住んでいた。
太陽光が余り届かない、暗い路地裏に店を構えている。


( ゚ω゚)「おっおっ!! デレ、出るおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ!」


ζ(////*ζ「ん…やぁっ! ブーンのせーし! ちょうらああぁぁい!!」


夫婦はベッドの上で一生懸命に勤めていた。





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:16:36.12 ID:PJzlPi/sO

(  ω )「イクウウウゥゥゥゥッッッ!!!」

叫ぶとブーンは、激しく動かせていた腰をピタリと止めた。
生温かい液体がデレの膣内へと注がれて行く。

ζ(////*ζ「ハァハァ……たくさん…出てる……」

子宮内に流れる精液の感触に、デレは大きく身体を震わせた。
そして、ブーンが息子を引き抜こうとするのを、
両足でがっちりと彼の身体を挟んで制止した。

ζ(////*ζ「も、もう少し、このままが良い……」

(*^ω^)「デレ……」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:17:36.95 ID:PJzlPi/sO

甘い囁き声に欲情し、ブーンのモノは再び元気を取り戻す。
それから、ゆっくりとピストン運動を開始した。

ζ(////*ζ「んっ………」

デレが小さな声を漏らした。
剛直なペニスが彼女の膣壁を拡張し擦りあげる。

(*^ω^)「デレの中気持ち良いお」

ζ(////*ζ「ば、ばかぁ……んっ!?」

デレの身体が大きく仰け反った。
突然、ブーンの腰の振りが大きく且つ、速くなったからだ。

ζ(////*ζ「もっと優し……! ああんっ!」





6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:18:45.08 ID:PJzlPi/sO

ブーンは親指で、デレのピンク色の乳首をコリコリと弄くる。
腕を掴んで止めさせようとするが、下半身を襲う快感で力が入らない。
デレは諦めて、己の欲望に身を任せる事にした。

(*^ω^)「エッチな音、聞こえるかお?」

ζ(////*ζ「はぁはぁ……?」

ブーンは一旦動きを止め、デレに問いかける。
室内に二人の荒い息遣いだけが響く。
疑問の表情を浮かべているデレを見てブーンは微笑んだ。
そして、

ζ(////*ζ「きゃっ!?」

ペニスでデレの膣奥深くを力強く叩き付けた。


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:19:42.58 ID:PJzlPi/sO

予期してなかった衝撃にデレは大きく目を見開いた。
目尻にうっすらと涙を溜めている。

ζ(////*ζ「い、痛いよぉ……」

(*^ω^)「ごめんだお。でも、ほら」

そう言って、先程と同様の強さで膣奥を連続で突く。
すると愛液のクチュクチュという音が聞こえた。

(*^ω^)「デレはこんなに感じて、エッチな娘だお」

ζ(////*ζ「うぅー……………」

赤く染まった頬を膨らませ、デレが可愛い唸り声を上げる。
ブーンは乳房から指を離してデレの顔の横に添えた。


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:20:50.84 ID:PJzlPi/sO

(*^ω^)「そろそろイカせて貰うお」

ζ(////*ζ「………うん」

一つ頷くと、デレは布団のシーツをギュッと握り締めた。
ブーンがそれを確認すると、デレの両足を抱え上げて、
今までよりも激しく、力の限りピストン運動を始めた。
ギシギシとベッドは軋み、デレの形の良い胸が上下に揺れる。

ζ(////*ζ「んっ! すごっ……い……。私もイッちゃいそう!!」

デレが一心不乱にブーンの身体を抱き寄せた。
密着した二人は互いに高みを求め、我を忘れて乱れる。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:21:32.94 ID:PJzlPi/sO



(# ω )「い、イクおおおぉぉぉぉっっ!!!」


ζ(////*ζ「私もイッちゃうよおおおぉぉぉ!!!」


二人の意識は真っ白な世界へと飛んだ。


 ─────。


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:22:38.26 ID:PJzlPi/sO

( ^ω^)「・・・・ふう」

ζ(゚ー゚*ζ「・・・・ふう」

数分後、服を着て椅子に座って本を読む二人が居た。
両者共に、徳を積んだ賢者のような表情をしている。

( ^ω^)「『何故、人は生きるのだろうか』」

ζ(゚ー゚*ζ「『終の時に、あぁ、生きて来て良かったな、と思う為よ』」

( ^ω^)「ふむ」

( ^ω^)(分からん)

ζ(゚ー゚*ζ(何? 今の)

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:23:39.79 ID:PJzlPi/sO

ブーンは本を閉じて、真剣な面持ちで口を開いた。

( ^ω^)「薬は大成功だお。通常の人間なら恐らく効果は一生」

デレも本を閉じて、ブーンの方へと顔を向けた。

ζ(゚ー゚*ζ「そうね。…えっと、ドクオさんからの依頼だっけ」

( ^ω^)「だお。僕達が使っても媚薬の効果は抜群だったお」

ζ(////*ζ(……)

少し前の情交を思い出し、デレは顔を赤らめた。
そんなデレを無視してブーンは商売話を始めた。

( ^ω^)「用途は想像が付くお。というか、そんなのどうでも良いお」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:24:53.09 ID:PJzlPi/sO

( ^ω^)「問題は」

ζ(゚ー゚*ζ「何を頂くか、ね」

二人は一瞬、下卑た笑みを溢した。

この夫婦が営む店、表向きは普通の薬局である。
しかし裏では、神の所業とも呼べる薬の作成を請け負っていた。
不治の病を治す薬、身体を強化する薬…などなど。

これらは金貨では売られていない。
奇跡を手に入れるには、それ相応の代価が必要なのだ。

( ^ω^)「…寿命を五年程、頂こうかお」

ζ(゚ー゚*ζ「ふふ、それくらいで良いかも」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:26:09.94 ID:PJzlPi/sO

( ^ω^)「おっおっおっお!」

ζ(゚、゚*ζ「くす…………」

ブーンは己の膝を叩いて高笑いをした。
デレは口に手を当てて笑いを堪えている。
二人の様はまるで、悪魔のようだった。




( ^ω^)「さぁてと、『本業』に戻るかお」

ζ(゚ー゚*ζ「『本業』……。そうだね」

二人は本を机に置いて、椅子から立ち上がった。
衣紋掛けに掛けられている白衣を手に取って袖を通す。


薬屋『VIP』の開店である。


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:27:40.70 ID:PJzlPi/sO

木造の質素な薬屋の店内は埃の匂いが漂っていた。
デレはカウンターに立ち、客が訪れるのを待っている。
後ろの方ではブーンが机に向かい、薬草を磨り潰し調合している。

( ^ω^)「ごりごりごりごり」

ζ(゚ー゚*ζ「…………………」

( ^ω^)「ごーりごーりごーりごーり」

ζ(゚、゚*ζ「…………………」

(#^ω^)「腕が痺れるううううぅぅぅ!!!」

ζ( 、 ;ζ(うるさいなぁ……)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:28:46.81 ID:PJzlPi/sO

待てど暮らせど、客は一向に来店しない。
入り組んだ道の中に店がある所為なのだが。

ζ(-o-*ζ「ふぁーあ…」

「あの………………」

デレが大きな欠伸をしていると何処からか高い声がした。
弱々しい女の子の声。デレがキョロキョロと辺りを見渡す。

ζ(゚、゚*ζ「?」

「こっちです…」

声がした方向へとデレは見遣る。カウンターの下だ。
デレが身を乗り出すと、小さな客が居た。


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:30:21.64 ID:PJzlPi/sO

('、`*川「こんにちは……」

ζ(゚、゚*ζ(…………)

五歳くらいの少女。
安そうな白いスカートとシャツを来ている。
幼い少女には似合わない薄幸さが、何処か滲み出ていた。
しばし沈黙していたデレだが、営業スマイルを作り接客をする。

ζ(゚ー゚*ζ「こんにちは。お使いかな?」

デレが聞くが少女は俯いて答えない。
すりこ木の音だけが静かな店内に響く。

ごりごりごりごりごり。


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:31:36.53 ID:PJzlPi/sO

ζ(゚ー゚*ζ「どうしたの?」

もう一度、デレは少女へと言葉を掛ける。
だが、少女は暗い表情を保ったまま答えない。

('、`*川「…………」

このままでは埒が開かないと、デレはカウンターから出た。
そして、少女の側でしゃがみ込んだ。
同じ目線の高さになって安心したのか、少女は重い口を開いた。

('、`*川「……あの、お母さんを」

ζ(゚ー゚*ζ「ん?」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:32:42.46 ID:PJzlPi/sO

( 、 *川「お母さんを」

少女の声は震え、語尾は尻すぼみになって行く。
デレは、少女の頭を優しく撫でて落ち着かせる。

ζ(゚ー゚*ζ「お母さんを?」

( 、 *川「…………けて」

すりこ木の音が止んだ。
店内に在るのは涙を流す少女の掠れた声。
その中で、少女は大きな声を出した。

(;、;*川「お母さんを助けて下さい!」

 ────残念だ。


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:33:57.51 ID:PJzlPi/sO

暫くして、ブーンが腰を上げてカウンターに立った。
腕を組んで少女へと喋り掛ける。

( ^ω^)「君のお母さんは何の病気なんだお?」

(;、;*川「分かんない……黒くなって、とてもしんどそうで……」

少女の断片的な言葉を捉えて、ブーンは『ああ』と理解した。

( ^ω^)「それは、病院のお仕事だお」

ζ(゚、゚*ζ「…残念だけど、きちんとした処置が必要な病気なの」

少女の母親は致死率の高い流行病を患っているのだ。
一介の薬屋に治せる病気ではない。
薬師夫婦は、病院に連れて行く事を少女に強く勧めた。


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:34:45.04 ID:PJzlPi/sO

しかし、

(;、;*川「私の家……貧乏だから……」

少女は切実な問題を突き付けた。

(;^ω^)「そう言われてもだお」

ζ(゚ー゚;ζ「うーん……」

ブーンとデレは返答に困り果てる。
だが、次の少女の言葉で夫婦の様子は一変した。

(;、;*川「でも、ここならお金が無くても助けてくれるって聞いたから……」

( ^ω^)「誰に?」

ζ(゚ー゚*ζ「どなたに?」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/03/18(火) 02:36:23.57 ID:PJzlPi/sO

ブーンは眉をピクリと動かせ、デレは少女に詰め寄る。
夫婦の顔は笑ってこそはいるが、得体の知れない不気味さがあった。
少女は雰囲気の変わり様に若干逃げ腰になるが、
余程母親を助けたいのか、毅然とした態度を取った。

('、`;川「……しょぼくれた顔のおじさんに」

ζ(゚ー゚*ζ「ショボン。あはは、今度はいたいけな少女を狙ったのね」

( ^ω^)「あいつの性格の悪さは異常だお」

少女には夫婦の言っている事はよく分からなかったが、
とても嬉しそうな事だけは、顔を眺めて分かった。


その2へ→
目次へ

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://the99mmikd.blog.fc2.com/tb.php/23-82e2d4c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。