スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)性欲豚がオトナのお店に入り浸るようです 第3話 

68 :名も無きAAのようです:2012/03/28(水) 23:10:41 ID:A3rmqHOoO

VIP県のお遊びスポットと言えば県庁所在地であるビップ市、その隣街のビップラ市。

そして他県とのバイパスの役割を果たすニューソク、丁度VIPの中心辺りに位置する若者の街シベリア。

昨今の風営法の強化の煽りを受け、繁華街の大通りからは風俗店の看板がおおっぴらには出せなくなっている。
だがしかし確かにそこには存在しているし、楽しめる人は楽しめるようになっているのだ。
こんな下品な世界にも、大切なのは一歩踏み出す勇気らしい。


今日はモララーの誘いで、ブーンとショボンはシベリアにきている。


69 :名も無きAAのようです:2012/03/28(水) 23:14:45 ID:A3rmqHOoO
( ^ω^)性欲豚がオトナのお店に入り浸るようです

その三「性欲豚、ホテヘルに行く」

71 :名も無きAAのようです:2012/03/28(水) 23:33:04 ID:A3rmqHOoO
( ・∀・)「……はぁ……」

( ・∀・)「えっちしたい」

( ^ω^)「何をいきなり」

( ・∀・)「あ、ごめん、口癖」

(´・ω・`)「最悪の口癖だねそれ……」

( ・∀・)「うっせぇなあ、ブーンの『お腹空いたお』みたいなもんだ」

(´・ω・`)「なるほど。気を抜いたら言っちゃうんだね」

( ^ω^)「貴様らァ……」

73 :名も無きAAのようです:2012/03/28(水) 23:42:47 ID:A3rmqHOoO
( ・∀・)「しかしまぁ……な、ここ最近マジでご無沙汰なんだよ」

(´・ω・`)「? 彼女と?」

( ・∀・)「ああ。最近ヤらせてくれないんだよ」

( ^ω^)「死ねお」

( ・∀・)「はいはい。体目当てではないのになぁ、なかなか束縛が激しいもんだ」

(´・ω・`)「君は遊びすぎなんだよ」

( ・∀・)「えー?そんな事ないけどなぁ」

( ^ω^)「死ねお」

( ・∀・)「うるせぇ童貞」

( ・∀・)「!」

( ^ω^)「ぐぬぬ……ぬ?」

( ・∀・)「そうだ」

( ^ω^)「?」

( ・∀・)「ブーンお前、童貞捨てにいかね?」


74 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:02:16 ID:fliDzFNAO
(;^ω^)「えー、やだお。初体験が風俗とか……」

( ・∀・)「童貞が変なプライド持ってんじゃねえよ。いいかブーン、一つだけアドバイスしよう」

( ^ω^)「……?」



( ・∀・)「素人童貞は、恥ずかしくない!!」

( ^ω^)

(´・ω・`)

( ・∀・)「『素人童貞は、恥ずかしくない』!!」ババーン


( ^ω^)「……お、おぉ……」


75 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:14:51 ID:fliDzFNAO

( ・∀・)「いいかブーン、得てしてこの素人童貞というものは下に見られがちだ」

( ・∀・)「童貞捨てたいが為に金はたく、変な性知識や性経験がつき実戦がうまくいかない……そんな幻想に囚われて」

( ・∀・)「誰もが性根を曇らせるんだ」

( ^ω^)「し……性根」

( ・∀・)「そうだ、性根だ。エロいやつが馬鹿にされる世の中だから、みんなここを燻らせてる」

( ・∀・)「男は誰だってヤりたいんだ。畏まって、賢ぶって、かっこつけて、それでもしかしヤりたいんだ」

( ・∀・)「素直になるんだ。素直でいいんだ。お前だって2回風俗にいったが、言ってみろ」

( ・∀・)「最後まで……ヤりたいだろ?」

(;^ω^)「う……」

( ・∀・)「だろ?」

(;^ω^)「……そりゃまあ、ヤりたいです」


76 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:23:14 ID:fliDzFNAO
( ・∀・)「そうだ。それでいいんだ。で、お前だってそりゃあいつか好きな女抱ければそれが最良だろう」

( ・∀・)「しかし。それで童貞をうまく捨てられると思うな」

( ・∀・)「実際にお前、ピンサロじゃイケなかったんだろ」

(;^ω^)「お、おお……」

( ・∀・)「それがもしその好きな女とのセックスで起きたらどうするつもりだ」

( ・∀・)「言っとくがセックスとオナニーの快感は別種だ。快感と満足感の比率がまるで違う」

( ・∀・)「緊張がその比率に当てはまらず失敗する童貞も多い。初めてはむしろ経験豊富なお姉さんにお願いした方がいいんだよ」

(;^ω^)「……なるほど」

( ・∀・)「それが風俗だから、何を恥じる事がある。堕ちるんじゃない、むしろお前は踏み出すんだ」

( ・∀・)「大事なのは、踏み出す一歩!素人童貞なんて、踏み出せない童貞の言葉だ!」

( ^ω^)「お……おお……!!」

( ・∀・)「さぁ繰り返せブーン、素人童貞は恥ずかしくない!!」

( ^ω^)「……素人童貞は恥ずかしくない」

( ・∀・)「そうだ!」


77 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:28:38 ID:fliDzFNAO

( ・∀・)「素人童貞は恥ずかしくない!!」

( ^ω^)「素人童貞は恥ずかしくない……」

( ・∀・)「素人童貞は恥ずかしくない!!」

( ^ω^)「素人童貞は恥ずかしくない!!」


( ・∀・)「素人童貞は恥ずかしくなァァァい!!」

( ^ω^)「素人童貞は恥ずかしくなァァァァァァァァァァァァァァァァァい!!!!」

( ・∀・)b「よっしゃホテヘル行くぞブーーーーーン!!!」

( ^ω^)b「どんと来いやぁぁぁぁぁぁ!!!!」





<ミテ、アノ人達恥ズカシイワ……
<アンナ大声デ……クスクス……


(´・ω・`)(……周りの視線がロンギヌス……)

79 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 00:51:40 ID:fliDzFNAO
( ^ω^)「……で、ホテヘルってなんだお?」

( ・∀・)「ああ、そっから説明するか。ホテルヘルスの略さ」

( ^ω^)「ホテルヘルス……」

( ・∀・)「ホテルで奉仕して貰うのさ」

( ^ω^)「お。でもなんでわざわざそこに……?」

( ・∀・)「残念ながら最近は風営法だか売春防止法だかのせいで本番を出来る場所が極端に少ない」

( ・∀・)「VIP県ならあったとしても……あれだ、ビップ市の下町のビッパー新地辺りか」

( ^ω^)「お……あれ?じゃあホテルも本番まで出来ないんじゃ」

( ・∀・)「ふふ……そこが違うのさ」

( ・∀・)「確かにホテヘルは表向きは本番行為禁止……だが」

( ・∀・)「出来やすいんだよ。ホテルという個室形態だけに、女を交渉すれば……最後まで」

( ^ω^)「な、なんだtt(ry」

81 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:02:44 ID:fliDzFNAO
( ・∀・)「まぁデリヘルでも同じ事は言えるんだがな、密室だし」

(´・ω・`)「でもデリヘルってだいたいレベル低いんだよね」

( ・∀・)「そ。比べてホテヘルは何故だかレベルが高めだから俺はホテヘルが好きだ」

( ^ω^)「なるほど」

( ・∀・)「だから、うまくいけば10000ちょっとでそれなりに可愛い姉ちゃんを抱けちまうんだよ」

( ^ω^)「お……にわかに信じられないお……」

( ・∀・)「もちろんフツーは禁止だから、腕によるんだが……」

( ・∀・)「向こうも女の子だから、大抵は発情しちまうのさ」

( ^ω^)「それって※ただしryがつくんじゃ」

( ・∀・)「いや、そーでもないさ。ただ単に性欲強い女、リピーターが欲しい女、いろいろある。こっちがうまく口出せばコロッといけるさ」

( ^ω^)「う、うおお……」

( ・∀・)「現に俺はホテヘルは、文字通り十中八九最後までヤってるぜ」


( ^ω^)「おおおおぉ……」


82 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:13:42 ID:fliDzFNAO
( ^ω^)「ち、ちょっとご教授願いたいお」

( ・∀・)「おk。まずホテルに行くんだ」

( ・∀・)「まずはパネルを見て女の子を選ぶ……しかしパネルはあまり信用ならんから直感で選ぶしかないな」

( ^ω^)「なんで?」

( ・∀・)「プリクラみたいなもんだと思っとけ」

( ^ω^)「あぁ……」

( ・∀・)「そういうパネルマジックが起きないように女の子の写真を数枚見せてくれるとこがあるから、そういう店は良店と言えるな」

( ・∀・)「……で、女の子を選んだら料金を払う。部屋代と料金が一緒にの店あるし後で払う店もあるから注意な」

( ^ω^)「はい」

( ・∀・)「んで、部屋に行き待つ……まぁ店によってはエレベーターから一緒に部屋にいくとこもあるけど」

( ・∀・)「そして部屋で女の子と話すわけだが……ここからが本番だな」

( ^ω^)「……ごくり」

84 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:27:13 ID:fliDzFNAO
( ・∀・)「この会話が命だ。ここで好感を持たせれば何とかなる」

( ・∀・)「俺は3パターンの方法で攻める」

( ^ω^)「3ッ……?」

( ・∀・)「ああ。まず1【君だから攻撃】」

( ^ω^)「!?」

( ・∀・)「女の子にこう言ってやるのさ」

( ・∀・)「『正直、今日は友達との付き合いで仕方なく来たからあんまり乗り気じゃなかったんだけど』」

( ・∀・)「『君を見て気分が変わったわ』……とかな」

( ^ω^)「うおお!!すげェ!まさに女の子をたぶらかしてる感じがするお!」

( ・∀・)「ふふ、これだ。特別意識を持ってると思わせるんだ」

( ・∀・)「こうしていつもと違うんだオーラを出せばいい。これの成功率は70%ってとこか」

( ^ω^)「やべぇお!!2回に1回はかなり期待持てるじゃないかお!」

( ・∀・)「確かにな。俺はこの攻め方が好き……だが」

( ・∀・)「お前にはこれを勧めよう。その2、【うぶ攻め】」

( ^ω^)「う、うぶ攻め!?」

( ・∀・)「文字通り、童貞アピールだ。『実は、俺、童貞だから……慣れてないんだ、こういうの』」

( ・∀・)「『恥ずかしくてさ、少しでも経験してみたくて……』なんて少し余裕ない表情で言うんだ」

(;^ω^)「い、いいのかお?キモがられないかお?」

( ・∀・)「考えてもみろ、相手の女は毎日30代くらいのオッサン連中の相手が多い」

( ・∀・)「そんな中で20のうぶい童貞が来て……自分が開花させていくそいつの性欲……」

( ・∀・)「そうやって最後まで転ばせる頃には、向こうから『入れてあげようか?』なんて聞いてくるかもな」

( ^ω^)「おおおおお!」


85 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:35:22 ID:fliDzFNAO
( ・∀・)「その3、これは悲しくなるからホントの最終手段だ」

( ^ω^)「リーサルウェポンってやつかお……なんだお?」

( ・∀・)「その3、【金】」

( ^ω^)

( ・∀・)「『もう1万やるから最後まd』」

( ^ω^)「もういい。もういいお。続き言わないで」

( ・∀・)「なんだ、助言いらないの?」

( ^ω^)「いらねーお。なんか必殺技伝授された気分でウキウキしてた僕が馬鹿だったお。むしろウキウキを返せ」

( ・∀・)「仕方ないだろ、実際問題これが最高なんだ」

( ・∀・)「女は金の為にそんな仕事してるわけだからな」

( ^ω^)「切ない……」

( ・∀・)「まぁこんな3種使わなくても、雰囲気で持ってけるから、頑張れ」

( ^ω^)「お、おお……」

(´・ω・`)「まぁ頑張りなよブーン。僕も最後まで出来た事あるからさ」

( ^ω^)「まじ?」

(´・ω・`)「うん。自分の事を17っつったけどね」

( ^ω^)「なるほど……パターン2かお……」

87 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:47:47 ID:fliDzFNAO


( ・∀・)ノ「何はともあれ、そうと決まれば行くぞホテヘルー!」

( ^ω^)ノ「おー!」

( ・∀・)ノ「素人童貞はー!?」

( ^ω^)ノ「恥ずかしくなーい!!」

(´・ω・`)「……」


( ∵)( ∵)( ∵)というわけでキャッチの兄ちゃんに交渉(∵ )(∵ )(∵ )

(=゚ω゚)ノ「ホテヘルねぇ……」←キャッチのお兄さん。どこかで見た事ある気がするのは気のせいだよ!

(=゚ω゚)ノ「確かにあるよぅ。まぁ平均して13000ってとこかな」

( ・∀・)「まじかーしかし俺ら金欠だしなー(チラッ チラッ」

(=゚ω゚)ノ「ぬぬぬ……12000……いや、11000でどうですかよぅ?」

( ・∀・)「やれば出来んじゃーん!よし、さっそく行くか!」

(=゚ω゚)ノ「おお、もっと値切られたらどうしようかってとこでしたよぅ……まったく、キャッチ使い荒すぎっすよ兄さん方……」

( ・∀・)「悪いね。しかしまぁ、また声かけるからさ。ここらへんよくうろつくし」

(=゚ω゚)ノ「そうして貰えたら嬉しいよぅ」

( ^ω^)(毎度、コミュ力凄いなこいつ……)

(´・ω・`)(集団で話持ち掛ければ値切り易いとはいえ、こんな臆面無くやれるのは大したもんだよ……)

89 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 01:55:59 ID:fliDzFNAO
( ・∀・)「……で、ちなみに」

( ・∀・)「今からいけるとこは、最後までヤれるの?」

(;゚ω゚)・:∴ブッ

(´・ω・`)(こういうの、よく聞けるよね)

(;^ω^)(思わぬ不意打ちだお……びびって吹いた……)

(=゚ω゚)ノ「……まぁ、僕は1度……」

( ・∀・)「ほう。女の子のレベルは高い?」

(=゚ω゚)ノ「それは保証しますよぅ」

( ・∀・)「期待しとくぜ」

(=゚ω゚)ノ「へへ……ここですよぅ」

( ∵)「こんばんは。この人達がお客さん?」

(=゚ω゚)ノ「はい。11で」

( ∵)「うん、了解」

(=゚ω゚)ノ「では兄さん方、僕はこのへんで」

( ・∀・)「うん、ありがとな」

( ^ω^)「ありがとだお」

(´・ω・`)「ばいばーい」

( ∵)「ではどうぞ、こちらへ……」


用意されたのは、フツーのホテル。
見た目から何から、完全にフツーのホテルだ。

( ^ω^)(……フツーすぎだお。看板もないし)

(´・ω・`)(看板は出しちゃいけないのさ。法律で決まってんだ)

( ^ω^)(なるほど……)


90 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 02:05:52 ID:fliDzFNAO
( ∵)←ちなみにこちらがホテヘル受付のお兄さん。どこかで見ry

( ∵)「じゃ、こちらに……」

ホテルに入ってまず、応接室のソファに座らされる。
こんなところの雰囲気も、やはりただのホテルだ。
ショボンからホテヘルは摘発されにくいから多いと聞いたが、納得がいく。


( ∵)「では、女の子を選んでいただくわけですが……ちょっとお待ちを」

( ^ω^)「?」

そう言って受付の兄さんはポケットからあるものを取り出し、操作し始めた。
それは僕もよく見覚えがあるもの。

( ・∀・)「……PSP?」

(´・ω・`)「なるほど、そこに女の子のパネルが入ってるんだ?」

( ∵)「はい。たまに外で呼び込む時なんかにもこれを見せる時がありましてね」

会話を交わしながらも十字キーでかちかちと操作。
画面にはフォルダ分けされた画像群が呼び出される。

それをスライドショーのように滑らせ、見せてくれる。

( ∵)「今ならこの子と、この子と……この子……と、この子。あと30分ほど時間をいただけばこの子なんかも」

( ^ω^)「……」

その中に。

『ミセ*゚ー゚)リ』

( ^ω^)「お……この子可愛いお……」

( ∵)「お、兄さんこの子で?」


91 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 02:14:03 ID:fliDzFNAO
( ^ω^)「うーん……」

しかし、他の子もそれなりに可愛い。
モララーの言うパネルマジックのせいかも知れないが、ホントに平均レベルが高く、迷ってしまう。
しかしまぁ、この子が一番優しそうに見えたのに、ショボンとモララーを置いて即決した。

( ^ω^)「うん、この子で」

( ・∀・)「早いなブーン。タイプだったか?」

( ^ω^)「そんなとこだお」

(´・ω・`)「まじか。僕も狙ってたんだけどなぁその子……」

( ∵)「はい。では他の兄さん方は……」




( ^ω^)「さぁ、後は待つのみか」

( ・∀・)「いいかブーン。絶対に手やフェラで満足すんじゃねえぞ。どうにか本番まで漕ぎ着けてやれ」

(´・ω・`)「69とかをお願いして、やんわり攻めたりしても効果的だよ」

( ・∀・)(´・ω・)「捨ててやれ、童貞!」

(;^ω^)「おお……!!!」


戦いが、始まる。


92 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 02:28:49 ID:fliDzFNAO

~数分後~

( ∵)「では最初に兄さんから……」

(;^ω^)「は、はいお」

(´・ω・`)「楽しんどいでー」

( ^ω^)「お!」

( ∵)「ではこちらに」

( ^ω^)「はいだお」

兄さんに連れられて、来たのはエレベーター。
2つあるうちの右のエレベーターの前に待たされる。

( ∵)「では、こちらのエレベーターに」

( ^ω^)「お」

どきどきが止まらないとはこの事。
僕はこの瞬間、初恋を発症した皮かむりのガキになる。

そして、ぴんぽん、と。

エレベーターが開く。

( ^ω^)「……」

ミセ*゚ー゚)リ「……どうも♪」

(;^ω^)「……」

(;^ω^)(か)

(;^ω^)(わ)

(;^ω^)(いいいいいいいいい!!!!)

当たりも当たり。大当たりだった。


93 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 02:43:46 ID:fliDzFNAO
そしてエレベーターはゆっくりと閉まる。

ミセ*゚ー゚)リ「こんばんわだね……今日はお友達と?」

(;^ω^)「あ、うん……ち、ちょっとはずかしいんだけどさ」

ミセ*゚ー゚)リ「?」

(;^ω^)「僕、童貞で……その、経験ないならしとけ、って友達が……」

ミセ*゚ー゚)リ「なるほど♪」

(;^ω^)「……まぁ正直、ぼく乗り気じゃなかったんだけど」

(;^ω^)「まさか君みたいな可愛い女の子がいると思わなくて……その」

(;^ω^)「……興奮して」

ミセ*゚ー゚)リ「……」

ミセ*^ー^)リ「……ふふ、ありがと」

(;^ω^)「お」

とっさにモララーに頂いたパターン1とパターン2を組み合わせてみたが、好調のようだ。
緊張しても意外と口が回ってくれるものだ。
これを勇気と言っていいのかどうかはわからないが。

ミセ*゚ー゚)リ「じゃあさ、お礼に……」

( ^ω^)「え」

がしりと顔を捕まれた時には既に、顔を寄せられていた。

ミセ* ー )リ「ちゅー♪」

そして、たっぷりとキスをされた。
耳に、頬に、下顎に。唇に。


ミセ* ー )リ「たっぷり、尽くしてあげるね」

( *;ω;)(うおおおおおおおおお!!!!)

正直、興奮しすぎて涙が出そうだった。


94 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 03:04:07 ID:fliDzFNAO

そしてエレベーターが開く。

ミセ*゚ー゚)リ「じゃあ、こっち来て」

( ^ω^)「お……」

部屋へ連れられて、中に入る。

ホントにどこにでもあるホテルの一室、だがしかしそれも全て淫靡に見える。

ミセ*゚ー゚)リ「じゃあ……シャワーあびる?無しで?」

( ^ω^)「無しで。入ってきたし」

ミセ*゚ー゚)リ「りょーかい」

これもモララーに教わったのだが、時間を無駄にしない為の嘘だ。

ちなみに今回のコースは35分だが、このシャワータイムがその35分に含まれる場合と含まれない場合がある。
そこで用心に越した事はないので、こう言った方がいいわけだ。

( ^ω^)「じゃあ……」

ミセ*゚ー゚)リ「うん、服、脱ごうか」

脱いでいく。
自分も、女の子も。

可愛い黒色の下着。
小ぶりな胸。
スリムな腰回り。

可愛い顔。

完璧だ。

そして僕は、この子を抱く。
なんとしても抱いてやる。


( ^ω^)(卒業してやる……)

そう。

素人童貞は、恥ずかしくない。


95 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 03:06:42 ID:fliDzFNAO

( ^ω^)(がんばってやる!)

ミセ*゚ー゚)リ「じゃあ……」

ミセ*゚ー゚)リ「あ」

( ^ω^)「?」





ミセ;*゚ー゚)リ「そう言えば言うの忘れてたけど、いま生理中なんだよね……だから生理用品の糸、ちょっと垂れててさ……」

( ^ω^)

ミセ;*゚ー゚)リ「だから69とかはちょっと出来なくなってるんだ……ホントごめんね」

( ^ω^)

( ^ω^)


( ^ω^ )


( ;ω; )


96 :名も無きAAのようです:2012/03/29(木) 03:15:17 ID:fliDzFNAO


(´・ω・`)「……で、フツーに抜いてもらってシャワーで洗ってもらって帰ってきたのwww」

( ^ω^)「うん……」

(´・ω・`)「お前の顔見て生理きた事にしたんじゃないのwwww」

( ^ω^)「いや、実際にタンポンの糸、見せてもらった……」

(´;ω;`)「wwwwwwちょっと進歩wwwwだねwwwwww腹いてぇwwwww」

( ^ω^)「笑いすぎだお……ショボンは最期まで出来たのかお……」

(´・ω・`)「うん。向こうも意外と乗り気だったよ」

( ^ω^)「うらやましいお……」

( ・∀・)「……」

( ^ω^)「で、なんでモララーは放心中なん?」

(´・ω・`)「うん」

(´・ω・`)「フェラ中にだんだん相手の化粧が崩れて、中身がお母さんに似てたんだって」

( ^ω^)「……」

( ;∀;)「途中までっ……途中まで可愛かったのにっ……筑紫っ……!!」

( ^ω^)「なんか僕、勝った気分だわ」

(´・ω・`)「僕も」


おしまい。


←第2話へ
目次へ
第4話へ→

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://the99mmikd.blog.fc2.com/tb.php/27-6326e49c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。