スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)は巨大ロボットを操縦するようです 第2話 

34 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 02:41:13 ID:n.kWS84w0



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         ( ^ω^)は巨大ロボットを操縦するようです

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       ┏        ┏
         第壱話      歯車王、売るよ
              ┛               ┛


.


35 :ミス:2012/04/15(日) 02:41:55 ID:n.kWS84w0



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         ( ^ω^)は巨大ロボットを操縦するようです

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       ┏        ┏
         第弐話      出撃!歯車王!
              ┛               ┛


.


36 :またミスった:2012/04/15(日) 02:42:37 ID:n.kWS84w0



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         ( ^ω^)は巨大ロボットを操縦するようです

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       ┏        ┏
         第弐話      歯車王、売るよ
              ┛               ┛


.


37 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 02:44:51 ID:wghgvI3cO
落ち着けwww

38 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 02:46:40 ID:n.kWS84w0
( ゚ω゚)「どえええええええええええええええ!!!」

(゚ω゚ )「どええええええええええええええええええええ!!!」

( ゚ω゚ )「ドエエエええエエエエエええええええええええええええええええええ!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「こっち見んな」

(;^ω^)「ちょちょ、ちょ、マジで言ってるのかお!?」

ξ゚⊿゚)ξ「大マジよ。社長さん」

(;^ω^)「でも、歯車王がなくなったらうちは…」

ξ゚⊿゚)ξ「やっていけなくなるの、クー?」

川 ゚ -゚)「いや。むしろ右肩上がるな」

('A`)「そりゃそうだ」

ξ゚⊿゚)ξ「つーかね、このままじゃやっていけなくなるのは会社のほうよ」

(;^ω^)「うぐ…そりゃそうだけどお…」

ξ゚⊿゚)ξ「会社潰しますか?パイロット辞めますか?」

(;^ω^)「……」


39 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 02:53:22 ID:n.kWS84w0
('A`)「まぁ待てってツン。そう急展開にしなくてもいいだろうよ」

('A`)「お前だって歯車王に愛着とか未練とか、全くないわけじゃないはずだ」

ξ゚⊿゚)ξ「…それはもちろん、そうよ」

('A`)「クーだって同じだろ?」

川 ゚ -゚)「ああ。というか元より、私はツンに賛成した覚えもない」

('A`)「だよな。というわけで、この件は一旦保留」

ξ゚⊿゚)ξ「でも…」

( ^ω^)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「…わかったわ。保留にしましょう。私も突然こんなこと言っちゃって悪かったと思ってるし」

('A`)「もう少し早く思っててくれたら、ダメージの少ない発表の仕方もあったと思うんだが」

ξ゚⊿゚)ξ「あーはいはいすいませんでした。どうせ私は単細胞ですよ」

('A`)「言外の意思をそこまで汲み取らなくてもよろしい」

41 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 02:59:01 ID:n.kWS84w0
( ^ω^)「…ごめんだお。僕のせいで」

ξ゚⊿゚)ξ「あー…別にあんたのせいって言ってるわけじゃないから。そこんとこは勘違いしないでよね」

川 ゚ -゚)「ツンデレきたな」

ξ゚⊿゚)ξ「うん、黙れ?」

川 ゚ -゚)「はい」

('A`)「ま、次の定期整備まで一週間ある。まずはそこがポイントだろう」

川 ゚ -゚)「定期整備までは歯車王の維持費もかからないからな。存分に悩むといい」

( ^ω^)「おー…」

('A`)「うし、じゃ俺は出撃後整備にかかるからよ。解散解散」

ξ;゚⊿゚)ξ「げ、もう退勤時間過ぎてるじゃない。またサビ残かぁ…」

( ^ω^)

川 ゚ -゚)「ツン、このタイミングでそれを言うのはただの追い討ちだぞ」

ξ;゚⊿゚)ξ「あ、ごめん…ついうっかり…」


42 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 03:04:40 ID:n.kWS84w0
('A`)「…ふー。出撃後整備完了、っと」

( ^ω^)「お疲れ様だお。ほい、コーラ」

('A`)「なんだよ、まだいたのか。サンキュー」

プシッ

( ^ω^)「…昼間はごめんだお、ドクオ。保留にしろ何にしろ、僕が言わなきゃいけないことだったのに…」

('A`)「気にしちゃいねぇよ。お前はああいうの慣れてないからな」

( ^ω^)「だお」

('A`)「まして親父さんの形見だ。そう間単に決められるこっちゃねぇ」

( ^ω^)「…でも、決めないといけないお」

('A`)「だな。それはお前に任せた。つーわけで帰って抜いて寝るわ」

( ^ω^)「抜く報告はいらんお」


43 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 03:06:26 ID:n.kWS84w0


            ┌──┐
          ∪ |::━◎┥∪
           V|    |V
            |:日 日:|
            └┬┬┘
             亠亠


( ^ω^)

( ^ω^)「歯車王」

( ^ω^)

( ^ω^)「ごめん、だお…」


44 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 03:10:20 ID:n.kWS84w0
そして一週間の月日が流れた。

('A`)「さぁやって参りました運命の進退発表ターイム!」

川 ゚ -゚) パフパフー

ξ;゚⊿゚)ξ「クー、別に律儀に鳴らさなくてもいいのよ?」

川 ゚ -゚)「鳴らしたらジュース一本と言われたので」

ξ;゚⊿゚)ξ「安いんだか高いんだかわからないわね…それ…」

('A`)「いや、一週間怪獣が出なくて良かったな。おかげで安心して考えられた」

( ^ω^)「そうだおね」

ξ゚⊿゚)ξ「…決めたの?」

( ^ω^)「うん。決めたお。売るって」

ξ゚⊿゚)ξ「そう…」

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「いや、もう少し溜めろよ。おい」


45 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 03:17:17 ID:n.kWS84w0
('A`)「えらいあっさりだなぁ」

ξ゚⊿゚)ξ「葛藤するタイミングをくれよ!『ああ、やっぱり…』とかさぁ!思う時間くれよ!見せ場作れよ!」

川 ゚ -゚)「何で怒ってるんだ?」

( ^ω^)「色々考えたけど、やっぱり皆を路頭に迷わせるわけにもいかないし…」

('A`)「いや、俺はここなくなっても知り合いの工場があるから」

ξ゚⊿゚)ξ「私もツテを頼ればなんとか」

川 ゚ -゚)「実家帰る」

('A`)「路頭に迷うのはお前だけだ」

( ^ω^)

( ^ω^)「何だそれ」

ξ゚⊿゚)ξ「まぁ決断してくれて助かったわ!さぁそれじゃ売る算段を付けるわよ!」

( ^ω^)「何だそれ」

('A`)「まぁまぁ」


46 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 03:24:38 ID:n.kWS84w0
川 ゚ -゚)「で、何かあてはあるのか?」

( ^ω^)「…ぶっちゃけ歯車王ってレトロロボだし。なかなか需要ないと思うんだけどお」

('A`)「いや、逆に高く売れるんじゃないか?その手のマニアにさ」

ξ゚⊿゚)ξ「その通り!実は取引先の人がレトロマニアでね。歯車王のことも気に入ってるらしいの」

ξ゚⊿゚)ξ「いらなくなったら是非私に!って何回も言われたわ」

川 ゚ -゚)「なるほど。逆に言えば、そのあてがあったから今回のことを考え付いたわけだな」

( ^ω^)「マニアの人なら大切に扱ってくれそうだし…」

('A`)「異論はないらしいな」

ξ゚⊿゚)ξ「オッケーオッケー。満場一致ね」

( ^ω^)「それで、その人はどこの人なんだお?」

ξ゚⊿゚)ξ「皆さんご存知、『荒巻製作所』の荒巻さんよ」


47 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 03:30:40 ID:n.kWS84w0
ξ゚⊿゚)ξ「ごめんくださーい」

/ ,' 3「おお、津野さん…とと、今日は皆さんお揃いでしたか」

( ^ω^)「ご無沙汰してますお」

('A`)「どうも」

川 ゚ -゚)「こんにちは」

ξ゚⊿゚)ξ「荒巻さん。歯車王が欲しいって前におっしゃってましたよね」

/ ,' 3「ええ。皆さんの前で言うのも恐縮ですがの」

ξ゚⊿゚)ξ「歯車王、荒巻さんに売るってことで可決しました」

/ ,' 3「…本気ですか?」

( ^ω^)「はい。社長以下全員の総意ですお」

/ ,' 3「…そうですか。わかりました。まさか本当にこの日が来るとは」

ξ゚⊿゚)ξ「それで、売値の方なんですけ川 ゚ -゚)「これぐらいでいかがでしょうか?」

ξ;゚⊿゚)ξ「(…さすが経理…)」

49 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 03:46:18 ID:n.kWS84w0
/ ,' 3「む…いやいや、これはちょっと。歯車王はその…やや、古い機体ですしの」

川 ゚ -゚)「ええ、そうですね。しかしあなたにとって重要なのは年代じゃないんでしょう?」

/ ,' 3「……」

川 ゚ -゚)「歯車王はかなり特殊な機体です。理由は簡単」

川 ゚ -゚)「歯車王は、『一切量産されていない』」

川 ゚ -゚)「つまり、歯車王に使われているいくつかのパーツは完全に固有の部品です」

川 ゚ -゚)「そして我が社の経営事情もあって、そういったパーツは交換歴がありません。当然生産している工場も現存しない」

川 ゚ -゚)「だからこそ価値がある。実用性度外視のコレクションとしてね」

(;^ω^)「…そうなのかお?」

('A`)「らしいな。そういうパーツって、痛みにくい部位のなんだよ。だから固有でもそんな困らないってわけ」

('A`)「(ま、本当はうちにも交換用のストックが残ってるんだけどな…黙っとくか…)」

川 ゚ -゚)「安値で買い叩くつもりなら無駄ですよ。パーツの相場は全て調べてありますから」

/ ,' 3「…ははは、参りましたなぁ。そこまでバレてちゃしょうがない。その金額で出しましょう」

川 ゚ -゚)「わかっていただけたようで何よりです。オークションで競るよりは安いと思いますよ」

/ ,' 3「その通りですな」


50 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 03:53:07 ID:n.kWS84w0
川 ゚ -゚)「と、いうわけだ。この金額でいいそうだぞ」

ξ;゚⊿゚)ξ「うお!これ私が考えてた見積もりの五倍ぐらいあるんだけど!」

川 ゚ -゚)「ナメすぎだろ…常識的に考えて…」

/ ,' 3「これはわしの方から少し上乗せして買い取ってたレベルですぞ…」

('A`)「今更だけどあいつに営業任せて大丈夫なの?」

川 ゚ -゚)「ツンは値切りの技術に長けてるからな。あと野生の勘」

( ^ω^)「後者も否定できないお」

ξ゚⊿゚)ξ「あたしを何だと思ってるわけ?」

川 ゚ -゚)「ともかく、これで成立だ。さっさと歯車王を運搬してこよう。あ、運搬費もそちら持ちということで」

/ ,' 3「…しっかりしてますなぁ…」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ、本当に」


51 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 03:58:01 ID:n.kWS84w0
( ^ω^)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「ね、ブーン。私が聞くのもなんだけど、本当に良かったの?」

( ^ω^)「…うん。満足だお」

('A`)「嘘が下手だなお前は。そういう顔してねぇぞ」

( ^ω^)「…ごめん」

川 ゚ -゚)「謝ることはない。お前の気持ちはわかる」

( ^ω^)「クー…」

川 ゚ -゚)「安心しろ社長」

川 ゚ -゚)b「歯車王は、もっと高く売ってやる」

( ^ω^)

('A`)

ξ゚⊿゚)ξ

( ^ω^)「は?」


52 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 04:03:05 ID:n.kWS84w0
/ ,' 3「…ふむ…やはり、興味深い」

/ ,' 3「歯車王が作られたのは、もう何十年も前のはず」

/ ,' 3「にも関わらず、この機体の能力は現在の物のそれとほとんど変わらない…」

/ ,' 3「この秘密…恐らく、歯車王の最深部に…」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


/ ,' 3『最深部に…』

川 ゚ -゚)「よし、カメラ・マイク共に調子は良好だな」

ξ゚⊿゚)ξ「これって…歯車王のカメラ映像?」

川 ゚ -゚)「ああ。データをこっちにも送信するよう、ドクオに改造させておいた」

('A`)「ちょちょいとな」

( ^ω^)「でもなんでこんなことを?」

川 ゚ -゚)「今荒巻さんがご丁寧に説明してくれたんだが…まぁいい」

54 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 04:09:52 ID:n.kWS84w0
川 ゚ -゚)「歯車王はブーンの親父さんが設計・開発した機体だ。つまり何十年も前の機体になる」

川 ゚ -゚)「にも関わらず。機体スペックは妙に高い」

('A`)「そうだなぁ。現場に出さえすりゃ、怪獣もちゃんと倒せるし」

川 ゚ -゚)「しかもこのスペック、年々上がっているんだ。社外秘だけどな」

ξ゚⊿゚)ξ「え、そうなの?」

( ^ω^)「マジで?」

川 ゚ -゚)「気付けよ」

('A`)「俺が出してる社内用のスペックデータ見てないのかよ」

( ^ω^)ξ゚⊿゚)ξ「「うん」」

('A`)「俺の仕事って何なの?」

川 ゚ -゚)「愚痴るのは後にしろ。ともかく、だ」

川 ゚ -゚)「私はこれは、CPU周りに原因があると見ている。歯車王のCPUもオリジナルの一点物なんだ」


55 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 04:15:50 ID:n.kWS84w0
ξ゚⊿゚)ξ「なら取り出して調べてみれば良かったんじゃないの?」

川 ゚ -゚)「資金に余裕があればそうするつもりだったさ」

('A`)「分解して組み立て直すなんて無駄なことする金、うちにはねぇもん」

( ^ω^)「本当に申し訳ない」

川 ゚ -゚)「だからちょっと汚い手段に出ることにした」

ξ゚⊿゚)ξ「んん…読めてきた。つまり、荒巻さんに分解して調べてもらっちゃおうってことね?」

川 ゚ -゚)「ああ。そして本当にCPUに価値があるようなら、値段を吊り上げる」

川 ゚ -゚)「機体は引き渡したが、まだ売買契約は済んでないしな。吊り上げて断るようなら歯車王を返してもらう」

(;^ω^)「えげつない…」

川 ゚ -゚)「なんとでも言え。これも内藤重工のためだ。一応法には触れないギリギリのラインだぞ?」

('A`)「ギリギリの時点でどうかと思うけどな…ま、CPUは俺も興味あるからいいけど」


56 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 04:24:29 ID:n.kWS84w0
( ^ω^)「…それにしても、なんで荒巻さんは一人で分解を進めてるんだお?」

川 ゚ -゚)「それこそCPUに価値がある証拠だろう。頭数が増えれば分け前が減る」

ξ゚⊿゚)ξ「でも、ここまでして価値がなかったらショックでしょうね」

川 ゚ -゚)「部品のコレクションも増えるからいいんじゃないか?荒巻さんにとってはどっちに転んでもプラスだ」

('A`)「クソッ、リスクを背負って回ってるうちの会社とは大違いだぜ。なぁブーン」

( ^ω^)「そこで僕に振るのは嫌がらせの一種かお?」

ξ゚⊿゚)ξ「で、この分解作業ってどれぐらいかかるの?」

('A`)「一人でやるとなると、かなりかかるな。俺もやろうとしたけど、人員と設備がなくて諦めたぐらいだから」

( ^ω^)「カメラがバレなきゃいいんだけどお…」

川 ゚ -゚)「何、バレたら『誤作動』とでも誤魔化しておけばいい。向こうも歯車王の真の価値を黙ってたんだ、おあいこだろう」

( ^ω^)「…今更だけど、クーって金が絡むと怖いお」

ξ゚⊿゚)ξ「あたしもそう思う」

川 ゚ -゚)「褒め言葉ありがとう」


57 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 04:32:12 ID:n.kWS84w0
荒巻による分解作業は実に三日間にも及んだ。
その間、クーがカメラの映像から目を離すことは一瞬たりともなかった。

川 ゚ -゚)

ξ;゚⊿゚)ξ「ほんとこの子ってどういう神経してんの?」

(;^ω^)「金が絡むと怖いとは言ったけど、ここまでとは…」

('A`)「つーかツンよ。請求関係はいいのか?こんな後回しにしちまってよ」

ξ゚⊿゚)ξ「ああ、あれなら何回もわざとミスって書き直して先延ばしにしてるから」

(;'A`)「…人のこと言える神経かお前?」

ξ゚⊿゚)ξ「営業はしたたかじゃないとね」

(;^ω^)「したたかってレベルじゃねーお」

川 ゚ -゚)「…む。どうやら、分解が済んだようだぞ」

/ ,' 3『これが…内藤の遺産か…』

( ^ω^)「……」

59 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 04:39:59 ID:n.kWS84w0
川 ゚ -゚)「…このカメラで追えるのはここまでだな。恐らくCPUの性能試験を行うんだろうが」

('A`)「カメラが分離して自走できるようにしておくべきだったか」

(;^ω^)「そこまでしなくていいお」

('A`)「わかってるよ。どうせ予算もねぇし」

( ^ω^)← グサッ

ξ゚⊿゚)ξ「あ、刺さった」

川 ゚ -゚)「また何日かしたら、CPUのことについてカマかけに訪問してみよう」

('A`)「容赦ねぇな」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ請求はもう少し先延ばしておくわね」

川 ゚ -゚)「頼む。できるだけ先延ばせ」

(;'A`)「訴えられたら負けるな…こりゃ…」

( ^ω^)

(;'A`)「あとお前は立ち直れよ…俺が悪かったって…」


60 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 04:41:38 ID:n.kWS84w0



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         ( ^ω^)は巨大ロボットを操縦するようです

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       ┏        ┏
         第弐話      歯車王、売るよ
              ┛               ┛


       ┏
          終
             ┛

62 :名も無きAAのようです:2012/04/15(日) 04:45:27 ID:n.kWS84w0



       ┏
          次回
               ┛


       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         ( ^ω^)は巨大ロボットを操縦するようです

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       ┏        ┏
         第参話      遺されたCPU
              ┛              ┛


.


←第1話へ
目次へ
第3話へ→

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://the99mmikd.blog.fc2.com/tb.php/41-80b41419

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。