スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)性欲豚がオトナのお店に入り浸るようです 第1話 

1 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 01:28:47 ID:RkuD/2ewO

※この物語は性欲豚たるブーンが性欲豚らしく色んな風俗店やその他いろんなエロいお店に入り浸るだけのお話です。要するにエロ。

※18歳未満の良い子は見ちゃダメだぞ。

※作中に出てくるようなサービスをしてくれる店は探せば実際にありますが、だからといってこの話をアテにして言っちゃダメだぞ。

※別に作者の体験談とかでは断じてないです。ホントに。

2 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 01:30:31 ID:RkuD/2ewO



( ^ω^)性欲豚がオトナのお店に入り浸るようです


その一「性欲豚、ピンサロに行く」

3 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 01:39:31 ID:RkuD/2ewO

常々思うのだが、どれほどエロい男でも真の快楽を手に入れるのはオナニーの中ではないだろうか。
「セックスの方が心も満足するからいい」だなんて言うが、例えば彼女の妊娠を気遣ったり心の距離が合わなかったり
彼女の喘ぎ声が演技くさかったりなんかして、それこそ気苦労が多いんじゃないか。

いや、わかっている。これは肉欲視点の悲しい独り身の言葉で、人生の中で互いに満足し合える伴侶は必ず見つかるはずだ。

しかしまぁ、若い身ともなれば仕方ない部分もあるだろう。青臭いガキの垂れた合弁、真に受けるやつもいない。


何が言いたいかといえば、だからこそ僕は、そういうエロい店を否定なんかしない、という事。

そこに帰結するのだ。

5 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 01:48:46 ID:RkuD/2ewO
~VIP県、シベリア市~


( ^ω^)「………遅いお」

(´・ω・`)「遅いね、モララー」

(;^ω^)「あのバカ何やってんだお!!もう1時間も遅刻じゃねーかお!」

(´・ω・`)「まぁまぁ、別にあの居酒屋を予約してるわけじゃないんだし」

( ^ω^)「それでもあそこの居酒屋が満杯になったらどうするんだお」

(´・ω・`)「そん時ゃまた別の飲み屋探したらいいじゃん」

(;^ω^)「僕はあそこの鳥串が食べたいんだお!」

(´・ω・`)「また食べる事ばっかだね君は。どこでも変わらなくない?」

( ^ω^)「そんな事な………!」ピリリリリ

( ^ω^)「ん、電話。モララーからだ」

(´・ω・`)「さぁ、なんて言い訳が出るかな」


6 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 01:49:49 ID:RkuD/2ewO
~VIP県、シベリア市~


( ^ω^)「………遅いお」

(´・ω・`)「遅いね、モララー」

(;^ω^)「あのバカ何やってんだお!!もう1時間も遅刻じゃねーかお!」

(´・ω・`)「まぁまぁ、別にあの居酒屋を予約してるわけじゃないんだし」

( ^ω^)「それでもあそこの居酒屋が満杯になったらどうするんだお」

(´・ω・`)「そん時ゃまた別の飲み屋探したらいいじゃん」

(;^ω^)「僕はあそこの鳥串が食べたいんだお!」

(´・ω・`)「また食べる事ばっかだね君は。どこでも変わらなくない?」

( ^ω^)「そんな事な………!」ピリリリリ

( ^ω^)「ん、電話。モララーからだ」

(´・ω・`)「さぁ、なんて言い訳が出るかな」


7 :ミスった連投しちった:2012/03/24(土) 01:57:18 ID:RkuD/2ewO

( ^ω^)】「もしもし?」

『ふははははははははは!!!』

(;^ω^)】ビクッ!!

『おおブーン!!ブーンや!!』

(;^ω^)】「なに笑ってんだお。お前いまどこだお。猛遅刻かましやがってからに」

『いや、もうシベリアにいるんだよ。ってかさ、実は昼くらいにはシベリアにいてさ』

( ^ω^)】「はぁ?だったらなんで………」

『実は暇だったからさ、スロット打ちに行ったんだよね』

(;^ω^)】「………お前まさかそれで遅刻したとか言わないおね?」

『まさにその通りだが、怒るなブーン!!久々に大勝したんだよ!!』

( ^ω^)】「はぁ。何千円?」

『12万6千円!!』

( ゚ω゚)】

( ゚ω゚)】「………大至急きてください」

『がってん!ふひひひひひ』プツッ

( ゚ω゚)】プー、プー、プー

(´・ω・`)「モララー、なんて?」

( ゚ω゚)「………きた」

(´・ω・`)「えっ」

( ゚ω゚)「今日はただ飲みじゃああああ!!!」

(´・ω・`)「えっ」


8 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 02:05:10 ID:RkuD/2ewO

~ところかわって、居酒屋~

( *・∀・)「いやぁ!!最ッッッ高ですな!」

( *^ω^)「うらやましいお。スロットやパチンコ、打ちにいった事ないけど」

( *・∀・)「なんだブーン、一回はやりにいこうぜ。勝ち方ってもんを教えてやるよ!」

(´・ω・`)「知らなくていいよブーン。たまたま勝っても、トータルじゃ必ず負けるんだから」

( *・∀・)「いいんだよそれで。アミューズメントなんだからさ!」

(´・ω・`)「なら生活ギリギリになるまでやらないの」

(;*・∀・)「うっ」

( *^ω^)「僕も手を出すのは金が溜まってからにするお。………ってかショボン酒強くね?」

(´・ω・`)「そう?フツーだけど」

( *・∀・)「まぁもっと飲め飲め!今日は全額俺のおごりじゃーい!」

( *^ω^)「うおおお、モララー様ぁ!!」

(´・ω・`)「おお、マジかよありがとう!」

( *・∀・)「ひゃはははははははは」

10 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 02:10:38 ID:RkuD/2ewO
~深夜0時ほど、シベリア~

( *-∀-)「………ふぃー、飲んだ飲んだ」

(´・ω・`)「そうだね。今日は楽しく飲めたかな」

( *^ω^)「おっ。マジサンキューだおモララー」

( *・∀・)「なに、いいさいいさ」




( ・∀・)「で、こっからどこ行くかだが………」

( ^ω^)「カラオケでよくね?」

( ・∀・)「いやいや、何を言うか。今日は金があるんだぜ?」

( ^ω^)「?」

( ・∀・)「そしてここシベリアは夜の街。そうだろ?」

(´・ω・`)「まぁ、そうだけど」

( ・∀・)「じゃあ抜きにいくしかないっしょ!!」

( ^ω^)「えっ」

12 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 02:22:44 ID:RkuD/2ewO

(´・ω・`)「いいけど金がないんだよな。貸してくれる?」

( ・∀・)「はっ、なにしけた事言ってんだショボン。当然、これもおごってやるよ!」

(´・ω・`)「え、マジ?ありがとう!」

( ^ω^)「えっ、あの」

( ・∀・)「なに?ブーン」

( ^ω^)「いや、あのさ」

( ^ω^)「抜くって………風俗ってこと?」

( ・∀・)「? そうだけど」

( ^ω^)「あぁ、そうなんだ………あの、うん」

( ^ω^)「別にカラオケでよくね?」

( ・∀・)「え、なにブーン、今日はそういう気分じゃないの?」

(;^ω^)「え、いや、まぁ興味ないわけじゃないけど………」

( ・∀・)「あ、お前、もしかして行った事ないのか?そういう店」

( ^ω^)「うん、まぁ………」

( ・∀・)「だったらなおさら行こうぜ!何事も経験だろうが」

(;^ω^)「いや、でもなぁ………?」

14 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 02:29:43 ID:RkuD/2ewO
(´・ω・`)「わかってやりなよモララー」

( ・∀・)「?」

(´・ω・`)「こいつ、童貞なんだよ」

( ・∀・)「えっ、マジ?」

(;^ω^)「ちょっ!」

(´・ω・`)「だから初体験が風俗ってのは嫌だって言う、童貞なりのプライドだよ」

(;^ω^)「いや別に、そんなんじゃないって………」

(´・ω・`)「嘘つけ。行かないの?」

( ・∀・)「はははブーン、別に何も本番行為までやる店に行くわけじゃないから」

( ・∀・)「ちょっとしゃぶってもらったりこすってもらうだけ。それならいいだろ?」

( ^ω^)「おっ、そうなのかお?」

(´・ω・`)「モララーお前……さては予算を一人5000円程度にするつもりだな」

( ・∀・)「そんな最後までやるような店をおごってたまるか。こちとら少なからず貯金もしたいわ」

(´・ω・`)「………まぁおごってもらえるわけだし、文句は言わないけど」

( ^ω^)「………うん、それなら」

( ^ω^)「行ってみたい………かもだお」

( ・∀・)「決まりだな!」

16 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 02:44:19 ID:RkuD/2ewO
( ・∀・)「それなら………ちょっと歩くぜ」

(´・ω・`)「どんな店に行くの?」

( ・∀・)「うん、まだ決めてないんだよなぁ。シベリアはあんまりそういう目的で行かないしな……」

( ^ω^)「………」

( ・∀・)「とりあえず、そこらのキャッチの兄ちゃんにでも聞くとすっか」

(´・ω・`)「いいやつに当たればいいけどね」

( ・∀・)「なに、12万を引いた俺ならキャッチの兄ちゃんも良いのを引けるはず………」

( ・∀・)「噂をすれば、一人立ってるなぁ」



(=゚ω゚)ノ「おっ!お兄さん方、今から飲み屋なんか探してないかよぅ?ガールズバーとかどうですかよぅ?」

( ・∀・)「お、そうだ、兄ちゃん」

( ・∀・)「ここらへん、スッキリはある?」

(=゚ω゚)ノ「スッキリっすか。うん、予算はいくらくらいで?」

( ・∀・)「まぁだいたい一人4、5ってとこかな。やっすい店でいいからさ」

(=゚ω゚)ノ「あら、そう………か………。ううん、4、5となるとただのピンサロがしかないかなぁ。しかし兄さん、中途半端に金出してカビゴンにしゃぶられちゃたまったもんじゃないっしょ?」

( ・∀・)「まぁ確かに………しかし金欠に代わりはないからねぇ」

( ^ω^)「スッキリって?」ボソッ

(´・ω・`)「抜いてくれるお店の事」ボソッ

(;^ω^)「なるほど………なんか凄い勢いで話が進んでるお」ボソッ

(´・ω・`)「モララー、あしらい方がうまいからね。ここは任せよう」ボソボソ


17 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 02:55:06 ID:RkuD/2ewO
(=゚ω゚)ノ「ぶっちゃけ、シベリアは女の子のレベルが高いとは言えないんだよぅ。だからこそ変に金出すならむしろホテヘルとかの方が………」

( ・∀・)「いやいや、金無いんだって。なんならもう、カビゴンでもいいぜ。俺ら今酔ってっから、たぶんカビゴンでもAKBに見えるわ」

(=゚ω゚)ノ「ははww」

( ・∀・)「まぁ最悪、な。どうにかなんない?兄ちゃん」

(=゚ω゚)ノ「んー、じゃあこうしないかよぅ?」

( ・∀・)「?」

(=゚ω゚)ノ「兄さん方、もう少し奮発して6000円は出せないかよぅ?実は僕の知る、なかなか可愛い子揃いのピンサロがあるんだよぅ」

(=゚ω゚)ノ「時間は35分。ホントは7000円だけど、そこは僕が声かけて1000円引きにしてやるよぅ」

( ・∀・)「ほー、いいかも。可愛いってどんくらい?」

(=゚ω゚)ノ「ポケモンならマリルかな」

( ・∀・)「おっ、カビゴンに比べりゃ破格だなww」

(=゚ω゚)ノ「でしょ?たぶんこれが最善かと思うけど」

( ・∀・)「なかなかいいじゃん。そうするわ」

(=゚ω゚)ノ「決まりで?」

( ・∀・)「おお!」


18 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 03:02:49 ID:RkuD/2ewO
(=゚ω゚)ノ「ありがとだよぅ。なら、ちょっと待ってね!」

( ・∀・)「おう」

(=゚ω゚)ノ】「………」プルルル

(=゚ω゚)ノ】「あ、もしもし。僕です。今から3名さん、6kでどうすか?………あ、はい。………はい。………了解です。失礼します」ピッ

(=゚ω゚)ノ「オッケーだよぅ!じゃあ、ついてきて!」

( ・∀・)「はいはーい」

( ^ω^)「おっ」

(´・ω・`)「楽しみだねー」

(=゚ω゚)ノ「シベリアにはよく来られるのかよぅ?」

(´・ω・`)「まぁね。基本飲みにくるだけだけど」

(=゚ω゚)ノ「そうなのかよぅ。今日はどちらへ?」

( ・∀・)「あっちにTSUTAYAあんじゃん?あの向こうの通りの………………」



~5分ほどして~



(=゚ω゚)ノ「ついたよぅ。このビルの地下だよぅ」

( ・∀・)「へぇ、こんなとこにねぇ」

(´・ω・`)「知らなかったな。シベリアもまだまだ、奥が深い」

( ^ω^)「………」ドキドキ


19 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 03:09:03 ID:RkuD/2ewO
(=゚ω゚)ノ「受付で『いよぅの紹介』って言えばいいよぅ。じゃあ、楽しんできてねー」

( ・∀・)「おお、ありがとう!」

(´・ω・`)「ばいばーい」

( ^ω^)「………」

( ・∀・)「さて。まぁなかなか当たりだったな」

(´・ω・`)「自分から差し引いてくれるやつはシベリアでは珍しいよね。まぁ、よかったよかった」

( ・∀・)「可愛いといいなー」

( ^ω^)「………なぁ」

( ・∀・)「?」

( ^ω^)「ここまできて言うのもなんだけどさ………」

( ^ω^)「ピンサロってなに?」

( ・∀・)

( ・∀・)「……ぶはっwww」

(;^ω^)「わ、笑うなお………仕方ないだろうがお、無経験なんだから」

(´・ω・`)「まぁ仕方ないよね、童貞なら。ピンサロはピンクサロンの略さ。基本的に手や口を使って奉仕してくれる店の事だよ」

( ^ω^)「ありがとうショボン。そしてお前さっきから軽くバカにしてるお?」

(´・ω・`)「当たり前だろ童貞」

( ^ω^)「ぐぬぬ………」

( ・∀・)「まぁまぁ、とりあえず入ろうぜ」


20 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 03:17:49 ID:RkuD/2ewO

カランカラン。

( ・∀・)「ここだな」

( ∵)「いらっしゃい」

( ・∀・)「キャッチのいよぅさんの紹介なんだけど」

( ∵)「はいはい。じゃあ1人6000円ですね」

( ・∀・)つ「一括で」

( ∵)「はいよ、確かに」

( ∵)「じゃあルールだけ確認させて頂きますね。当店は本番ナシ、女の子への乱暴、勧誘行為もナシ。お願いしますね?」

( ・∀・)「オッケー」

(´・ω・`)「はい」

( ^ω^)「お」

( ∵)「ありがとうございます。じゃあ、そのまま椅子に座ってもう少し待ってくださいね」


21 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 03:25:17 ID:RkuD/2ewO

( ・∀・)「いいねぇ、この薄暗い部屋にやらしいピンクの明かり。ピンサロはこれでないと」

(´・ω・`)「あ、見て見てこの壁の女の子の写真。なかなか可愛いじゃん。僕の子はこの子がいいなぁ」

( ^ω^)「………緊張してきた……」

( ・∀・)「まぁ堅くなんなよブーン。堅くすんのは股間だけにしとけww」

(´・ω・`)「wwwwwまぁ、相手の子に初めてだって言えばいいよ」

(;^ω^)「わ、わかったお………」

( ∵)「お待たせしました。じゃあ、誰からいきますか?」

( ・∀・)ノ「はーい、俺俺ー!いいだろお前ら?」

(´・ω・`)「もちろん。君のおごりだしね」

(((( ・∀・)「じゃあ、おっさきー」

そういうとモララーは、カーテンの先に消えていった。

( ∵)「じゃあ続いて、次の方」

(´・ω・`)「ブーン、いきなよ」

(;^ω^)「え、ぼく?まだ心の準備が………」

(´・ω・`)「どうせいつまでたっても出来ないだろそれは。いいからほら、行きなよ」

(;^ω^)「わ、わかったお………」


22 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 03:35:08 ID:RkuD/2ewO

ドキドキしながらカーテンをめくると、そこには女の子がいた。

|゚ノ ^∀^)「こんばんわ☆」

(;^ω^)「おっ」

女の子の下着姿。黒のブラジャーと下着。
なるほど、最初っからこうなのか、と僕は頭の中で落ち着いて考えていた。

|゚ノ ^∀^)「このお店は初めてですか?」

(;^ω^)「え、あ、うん」

|゚ノ ^∀^)「ふふ…w緊張して可愛いね。じゃあ、ついてきて」ガシッ

(;^ω^)「あっ……」

そうして腕を捕まれ、エスコートされた。
女性経験の乏しい僕にとってはこのような触れ合いはもちろん初めてで、それだけで僕は興奮させられる。

そうしてつれられたのは、これまたカーテンで仕切られた一角だった。

とても小さく、僕一人寝転べばそれで窮屈なスペース。

|゚ノ ^∀^)「じゃあ、靴脱いでこっちきて☆」

女の子はとても楽しそうに言い、先にそのスペースに座って手招きした。
心臓が早い。僕は今日、人生初の体験をするのだ。


23 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 03:43:14 ID:RkuD/2ewO

|゚ノ ^∀^)「先ずはきてくれてありがとう、だね」チュッ

(;^ω^)「おっ?」ビクッ

座れば女の子は顔3cmほどに距離を狭めてきて、軽くほっぺたにキスをしてきた。
思わぬ不意打ちで、体が跳ね上がってしまい、ますます恥ずかしい。

|゚ノ ^∀^)「んふふ、こういう店は初めてー?」

(;^ω^)「えぇ、まぁ……」

|゚ノ*^∀^)「じゃあ初風俗は私が頂きだね!やったぁ」


(;^ω^)「おっ……」

|゚ノ ^∀^)「じゃあさっそくやっちゃおっか」

(;^ω^)「え、あの……ドウスレバ」

|゚ノ*^∀^)「あはは、ホントに初めてなんだね。可愛い♪」

|゚ノ ^∀^)「とりあえず脱いでー。下だけでも全裸でもいいから」

( ^ω^)「あ、うん」

|゚ノ ^∀^)「私も脱いだ方がいいかな?」

(;^ω^)「あ、お願いします」

ここだけ流暢に言えたのが情けないところである。
全裸か下半身かを悩んだ挙句、結局全部脱ぐ事にした。


24 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 03:51:56 ID:RkuD/2ewO

|゚ノ ^∀^)「じゃあ、失礼しますよっと」

( *^ω^)「あっ……」

全裸になった僕が壁にもたれかかると同時に、彼女は部屋の角に置かれたウェットティッシュで僕の股間回りを拭き始めた。
当然彼女も半裸。近くに生おっぱいがある。
そんな状況でソフトにとはいえ、股間を組まなく拭かれる。
当然反応してしまう。
股間が、徐々に重たい首を持ち上げて行く。

|゚ノ ^∀^)「ところで君、若いねぇ。いくつくらい?」

(;^ω^)「おっ……一応、20になりました……」

|゚ノ*^∀^)「わぁ、若いんだね!学生さん?」

( ^ω^)「そうですお。お、お姉さんはおいくつくらいで……?」

|゚ノ*^∀^)「24だよー♪」

(;^ω^)「あ……はい」

思ったより若くてびっくりした。しかしまぁ、信じていいのかは甚だ疑問だが。

|゚ノ ^∀^)「じゃあそろそろいいかな……」

|゚ノ ^∀^)「……しよっか♪」

(;^ω^)「おっ」

26 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 04:06:41 ID:RkuD/2ewO

股間に顔を近づけ、自分のそれを柔らかく包む女の子。

|゚ノ*^∀^)「んふふー」

指先で軽くいじったり、触ったり。

( *^ω^)(おお……)

やはり、違う。人にさわられる感覚は、決定的に違う。
それは気持ち良さより、満足感として現れた。
そして……

|゚ノ*//  )「ぱっくんちょ♪」

人生初フェラ。

( *^ω^)(おっ……)

( *^ω^)(おおおおおおお!!!)

うおお、なんだこれ。初感触。
それは一肌に温めたオナホールより優しく、心地良い。
舌の巧みな動きで全体くまなく刺激され、なんとも言えない高揚感が生まれる。
これが、セックスというものか。

( *^ω^)(すげぇ!!すげぇよフェラ!!)

|゚ノ*//  )「出そうならいつでも言ってね……」


27 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 04:13:58 ID:RkuD/2ewO

|゚ノ*//  )「んふっ、んっ、んっ……」

( *^ω^)(いい!!すっげぇいい!!)

やがてリズミカルに顔を縦に。
その度に温かい何かが股間全体を刺激し、とてもよい。

( *^ω^)(これは凄いお……)

正直な話、僕はこの手の店に行くやつを馬鹿にしていた節があった。
そこまで性欲に溺れてどうする、とか相手がいないからって高い金払う必要があるか、とか
しかし、知らなかった。
こんな幸せがあるのか。
そう、今までの僕はおろかだった。
一度も体験した事のない物を、したり顔で評価して何になる。
そう、一度知るべきだったのだ。そうしてこそ、見詰め直す事が出来る。

( *^ω^)(今度から風俗、馬鹿に出来ないお……)






……しかし。


28 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 04:18:24 ID:RkuD/2ewO





|゚ノ*//  )「……」ジュッ、ジュッポ、ジュッポ……

( *^ω^)


( ^ω^)(……あれ?)


なんでだろう。
気持ちいいのに、こんなに心地よいのに。


( ^ω^)(なんかぜんぜん、イケる気がしない……お……?)

(;^ω^)(それどころか、亀頭が軽く痛くなってきたような……)

|゚ノ*//  )「んっ、んふっ、ふっ、んっ……」

(;^ω^)(……あれ?痛い。気持ちいいけど痛い)

(;^ω^)(あれ……)

31 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 04:27:31 ID:RkuD/2ewO

~終了間際~


|゚ノ;^∀^)「……あれ、今日はダメな日かな?」

(;^ω^)「いや、え、わかんないけど……」

|゚ノ;^∀^)「出そうにないかな?」

(;^ω^)「……はい……」

|゚ノ ^∀^)「仕方ないねぇ……もしかして、えっち初めてかな?」

(;^ω^)「う」

|゚ノ ^∀^)「そうなら、たまにいるよそんなお客さんも……オナニーと、フェラや手コキの快感って別種類だからさ。慣れてないから。あと緊張してイケないって人もいるし」

( ^ω^)「あ……そう……かも……?」

|゚ノ;^∀^)「まぁ、それでもちゃんとイカせてあげるのが技術なんだけどね。ヘタだったかな」

(;^ω^)「い、いや、そんなこと……」

|゚ノ ^∀^)「じゃあまた来てよ。今度はちゃんと、35分でイカせてあげるから♪」

( ^ω^)

( *^ω^)「……お!」

|゚ノ ^∀^)「じゃあごめんだけど、今日はこれでおしまい。また今度、遊びにきてね!」

( ^ω^)「わかったお!」

|゚ノ ^∀^)「はい、これ、私の名刺」

( ^ω^)「おっ……」

渡された名刺には、可愛い文字でこうかかれていた。
『レモナ
 今日はありがとう。今度は氏名してね♪』


32 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 04:38:09 ID:RkuD/2ewO
|゚ノ ^∀^)「ばいばーい!」

( ^ω^)「お!ありがとだおー」


( ^ω^)




( ^ω^)「……ふぅ」


( ^ω^)(正直最後の方、手コキとか痛いだけだった……)

( ^ω^)(なんでだ……)

(´・ω・`)「お、ブーンお帰り」

( ^ω^)「あ、ショボン」

(´・ω・`)「どうだった?」

( ^ω^)「……あの、その」

(´・ω・`)「ん?」

( ^ω^)「いけなかった」

(´・ω・`)「……www」

( ^ω^)「笑うなお……なんでだろ。オナヌなら5分もあればイケる気がするのに……」

(´・ω・`)「たぶんブーンの場合は緊張、あと皮オナのしすぎじゃないかな」

(;^ω^)「ぅえ?皮オナ?」

(´・ω・`)「……とりあえずまぁ、お前が脳内で妄想してたほど、セックスはいいもんじゃないって事さ」

(;^ω^)「ちょっ……どういう事だお?」

(´・ω・`)「帰ってからググれ自分で。な?」

(;^ω^)「おっ……ショボンはどうだったんだお?」

(´・ω・`)「いや、バリヤードみたいな女の子出てきたから」

( ^ω^)「oh……」


33 :名も無きAAのようです:2012/03/24(土) 04:42:17 ID:RkuD/2ewO
( ・∀・)「いやぁ、よかったな!確かに可愛かったわ!」

(´・ω・`)「あ、なんだよお前当たり引いたのかよ」

( ・∀・)「まぁな!可愛かったわ!ピチューみたいな女の子出てきたしな!お前は?」

(´・ω・`)「バリヤード」

( ・∀・)「oh……」

( ・∀・)「そういやブーンは?どうだった初風俗?」

(;^ω^)「……あ、それが……」

(´・ω・`)「いけなかったんだとさ……」

( ・∀・)「oh……」






おしまい。



第2話へ→
目次へ

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://the99mmikd.blog.fc2.com/tb.php/9-364a5e6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。